作ってみました、明かり窓

ドア1.JPGドアに明り取りを作ってみました。

外したドア枠の桟を除けて窓を開けたいところに、適当な大きさの穴をあけて明り取りの窓に桟が懸からないように中の桟を確認します。25センチ正方形の窓にするつもりでしたが、付けたい位置に桟があり幅40センチ縦17センチの横長の窓にしました。
ドア2.JPG
窓枠の下を桟の上に併せて、左右は扉の中心に窓ができるように寸法をとりました。
ドア3.JPG
決めた線に沿って定規を当て、カッターナイフでクロスとともにベニヤを切り取るのです。
扉の裏側も同じようにクロスとともにベニヤを切り取ってから、表裏のベニヤの隙間に窓枠を取り付ける桟をボンドを付けて差し込みクリップで挟んで接着を待ちます。その時、扉の表裏の穴の大きさが少しずれていたら穴の大きい方に桟を合わせ接着します。
ドア4.JPG
桟は、扉の厚みが30ミリでしたのでホームセンターで適当に24ミリの厚みの角材を買ってきましたら、細工もせずに合いました。桟の接着が済み、表裏の窓の大きさのずれを調整して窓開けの工程は完了です。


窓枠の板は幅60ミリで長さ900ミリ厚み9ミリの2枚の板をホームセンターで幅34ミリに切ってもらいました。

窓の寸法に合わせて、窓枠板の両端を45度の角度でカットします。しかし、現実は45度のカットは難しく失敗してしまいました。
ドア6.JPG
マド7.JPG

この記事へのコメント