金のなる木⑤

金のなる木の5本の挿し木が、親木の下で元気に根付いて成長してくれました。
若い木の葉の色は、元気のない親木の葉と比べると緑が輝いています。
href="http://inemuriusi.up.seesaa.net/image/E98791E381AEE381AAE3828BE69CA8E381A8E68CBFE38197E69CA8.JPG" target="_blank">金のなる木と挿し木.JPG
今年はたくさんの花が咲き、私が金のなる木を育てるようになって初めての満開でした。

花がたくさん咲いているときには冬でも水分を多く求めることを知らず水を少な目に与えていました。

さらに花が開いていた期間が長かったため親木の衰弱がひどく、葉がしわしわになり、薄くペラペラになってしまい、花を摘まんだ後も親木の回復が中々進みませんでした。
やっと根本に近い葉っぱから元気が見られるようになり新芽も例年よりは少ないようですがところどころに見られるようになりました。
まだまだ濃い緑の葉になるには時間がかかると思いますがようやく安心できるようになりました。
「親木がこのまま枯れてしまうのではないか」というような状態は脱したようです。
金のなる木の葉の色と、葉の厚みで木の健康がわかります。
金のなる木の挿し木.JPG

この記事へのコメント