金のなる木④

金のなる木④
今年は美しい花を長く楽しませてもらいましたが、仕事の都合で咲き終わった花を落とすのが遅れてしまい、花の色がくすんで親木が急激に弱って葉っぱがしわしわになってしまいました。毎年金のなる木の種を取るつもりはないので咲き終わった花はすぐにとっていました。今年は蜜のせいか花がベトベトして手によく張り付きます。いそいで咲き終わった花を摘んで肥料を与えました。

植え替えを4年くらいしていないのでそろそろ植え替えの時期がきているのかなーと思っていましたが、木が弱りすぎたようなので今年の植え替えはもう少し木の状態を見て6月か7月に使用と思います。

花が満開のころに金のなる木が傾いた為、茎にビニールひもを掛けて倒れないように支えています。原因は前回の植え替えが浅かったようです。もう少し深く埋めてやるのに根に近い埋まってしまう枝を切り落としました。

切った枝は3~4枚の葉を残し切り口を乾燥させてから植えてやれば成長します。
これは切ったばかりの葉を植えるとそこから雑菌が入り枯れてしまうのを防ぐためです。私はいつも親木の根本に植えてやります。親木の埋めるつもりのところまでの枝は早めに切って、感染を防ぐため切り口を乾いた状態にする方がよいと思います。親木の葉っぱが元気を取り戻すのを待って、木全体の形が悪くなっているので剪定して形を整えてやります。
しばらくは葉の色・ツヤなどを見ながら健康管理に気をつけて見守りたいと思います。今回もお読み頂きありがとうございました。
IMG_0148[2210].JPG

金のなる木4・1.JPG





この記事へのコメント