バーベキュー⑥板取川

バーベキュー⑥板取川 バーベキューの場所に板取川を選ぶようになって何回目か忘れてしまいましたが、その日も朝8時過ぎに友達の家族とともに家を出発して、3時間弱で余裕をもって目的地に到着するつもりで走っていました。 今回は人数が多いのでみんなが食べるペースに合わせてお肉や野菜を焼くことはちょっと難しいと思いバーベキューコンロを用意してきました。 高速道路の一宮出口手前から渋滞が始まり、一宮出口を超えたくらいからノロノロ運転状態です。そんなわけで美濃方面に向かうジャンクションに入ったのが予定より1時間ばかり遅れてしまいました。下道を来ても1時間もあれば美濃までなら行けたのではと思います。その後は板取川の目的地まで順調に車を走らせることが出来ましたが、予想していた通り河原に近いテントを設営する良い場所はすでにありません。 しかたなく、川からかなり離れた場所にタープテントを二つ張ってバーベキューの用意を始めました。子供達は窮屈な思いが1時間あまり余計にかかった為予定では食事をしてから川遊びをするつもりだったのですが、早く川遊びに行きたいと水着に着替えて騒ぎだしています。 しかしここからでは子供達の安全のため見張っていることが出来ません。川の流れに子供が流されたり溺れたりはしないとは思っていますがここからでは何かあったら助けに走っても間に合いません。大人が一人交代で子供達について見守ることにしました。陽射しも強くて風もなく空にはもくもくとした入道雲がどんどん大きく育っています。誰がという…

続きを読む

作ってみました。ワインラック

作ってみましたワインラック 本日ご紹介させて頂くのは、ワインラックです。 この作品で初めてジグソーを使いました。 ジグソーに少し力が掛かったり、傾いたりするとすぐにジグソーの刃が折れてしまいます。 何枚かの刃を折りながら、焦らず、力を掛けず、ゆっくりと動かす事がジグソーの大事なコツだと知りました。 ワインラックを作るには、まず「何本を収納するか、何段のワインラックにするか、全体像の大きさ」を最初に考えてデザインします。 私は、上段には三本分の受けと下段には丸い三つの穴を板に開けて6本収納するデザインのワインラックを考えていました。 私は、お酒は好きなのですがワインはたまに飲むくらいでしたので、極端に大きなワインボトルは知っていましたが、普通のワインボトルの胴回りにも細目の物や太目の物が有り瓶の胴回りが一定ではないことを知りませんでした。ですので最初に考えていたワインラックはごく普通のワインしか収納できない物でした。 たまたま、娘夫婦からもらったワインが大きかった為、運よく気付くことで太目のサイズも収まるワインラックを作ることが出来ました。 両縁の板に開ける上段の受け凹の直径を広げ、下段に開ける各三つ穴は、穴の大きさを大きく広げ繋げて一つの穴にすることで板の大きさを変えずにコンパクトに収納することが出来るワインラックになりました。 ホームセンターで材料を揃え、3時間ほど掛けてジグソーで下段に3本分の穴を上段にも3本分の凹を削り両縁用に同じものを2枚…

続きを読む

作ってみました。飾り棚

 《 玄関の飾り棚 》 玄関のコーナー部分に合わせて三角形の二段式飾り棚を作ってみました。 棚板2枚を4本の柱で支え、直接コーナー部分に取り付ける物をイメージし、玄関の雰囲気から大きさを考え簡単な完成図を描いてみました。 柱を4本にすると少しごつくなりますが、2枚の棚を支える事・壁に直接取り付ける事を考えると取り付けやすさと強度の維持のために柱は4本にした方が良いと思い決めました。 『飾り棚作成マニュアル』 1.棚板の間隔を決める 2.角材と棚板の準備 3.柱の位置を決め、柱をはめ込むための凹みを作る 4.実際の使用場所でチェックする 5.ペーパーをかけてから組み立てる 6.塗装する 1.棚板の間隔を決める 使い勝手や使い方、棚に置きたいものによって棚板の間隔を決めなければいけません。何を置く棚にするか非常に迷いましたが、玄関ですので印鑑・懐中電灯・防虫スプレー等が思い浮かびました。そこで棚板の間隔は防虫スプレーが出し入れしやすい高さにすることにしました。その高さであれば他の物でも利用しやすいと思ったからです。 2.角材と棚板の準備 柱は角材の市販のサイズを利用して長さを切断するだけで4本用意。棚板もホームセンターで簡単に手に入る規定サイズのから三角形を2枚切り出しました。 3.柱の位置を 決める 柱を取り付ける一を決めたら、三角形の棚板にはめ込むように柱を取り付けたいので凹みを作ります。凹みはノコギリとノミを使い角材のサイズより一回…

続きを読む